drugs

二つの薬で多角的に立ち向かっていく……それが、最新の「AGA治療方法」です。二つの薬とはプロペシアとミノキシジル。
それぞれ、抜けた髪を再び生やし、髪を育てるという効果を持っています。プロペシアの働きはどちらかといえば「発毛」にあり、AGAがある程度進んだ段階でも効果を発揮します。その具体的な効果は、専門用語を使って一言でいうと「DHTの生成を阻止する」ということになります。

そもそもAGAが始まってしまうのは、男性ホルモンのひとつであるテストステロンが「5αリダクターゼ」という名の酵素によってDHTに変化してしまうことによって起こるとされています。テストステロン自体は、男性の「性の充実」や男性的な行動力の高さなどをつかさどるホルモンであり、いわば「男らしさ」はテストステロンが大量に分泌されているからこそ保たれているといえます。必要不可欠なものなのです。
しかしあるとき、このホルモンの一部が5αリダクターゼによって変換させられてしまうのです……髪の毛の成長サイクルを短縮させる働きのあるDHTへと。
髪の毛は普通、生えてからある程度時間をかけて長く、そして太く成長していき、成長しきったところで抜け落ちていきますが、DHTが生成されるとそのサイクルが大幅に短縮されます。生えたそばからどんどん抜け、最終的には髪の量がどんどん減っていくのです。

プロペシアは、このようなメカニズムで起こるAGAを防ぐために、DHTの生成を阻止します。
テストステロンが5αリダクターゼに接触することを防ぐのです。DHTが生成されないようになると、自然と髪の毛はもとの成長サイクルを取り戻すことになり、発毛が促進されるようになるというわけです。